<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:03-4-2016


呼吸をしたり、からだを動かしたり、内臓をはたらかせたり…
ほとんどの生命活動に酵素が関わっています。

酵素が不足すると、からだに様々な不調があわられます。
酵素がからだの中から無くなってしまうと、
僕たちは生きていられないんですよね!

酵素はからだの中でも作られるんですが、
その量には限度があるので、
ご飯から酵素をたくさん摂ることが、
健康な連日を送るためのポイントということになります。

ちなみに、
酵素は、3,000種類以上もあるといわれています。

しかし、その酵素のほとんどが、
48℃~70℃の間で壊れていきます。

なので、
熱に弱い酵素を効果的に摂るには、
野菜、果物、刺身といった
生の食品に頼るしかありません。

といっても、
ご飯の中で生の食品を大量に食べる…
というのはなかなか難しいですよね?

そこでもう一つの
酵素が多いミラクル食品の出番です。

その食品とは、
味噌、納豆、ぬか漬け、キムチ、などの発酵食品。

みなさまは、発酵食品を、
連日のご飯の中で食べていますか?

発酵の期間が長いものほど、酵素の働きが強く、
からだに良いみたいですよ。

生の食品だけでなく、
納豆や味噌やキムチなどの発酵食品を、
積極的にご飯に取り入れてみてはいかがでしょう。

ご飯に酵素が含まれていないと、
からだの中の酵素が「食べたものの消化」にばかり使われてしまうので、
「新陳代謝=疲労回復」に使える酵素が少なくなってしまいます。

酵素の多い食品をご飯で摂っていれば、
からだの中の酵素と食品に含まれる酵素とで、
「消化」も「新陳代謝」もしっかり!
生の食品、発酵食品を連日の生活で取り入れましょう!

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人もオススメしているレーシック